硝子のスクーター

 「自分の好きなものをおおっぴらに公言するところが男子校っぽい」大学で会った人にそう言われて「男子校じゃなくてもネット上にはそういう人ばっかりいるけど」とは答えずに「ああ、そうなのかもしれない」と答えたのは、僕が本当に中高を男子校で過ごしてきて同級生たちにもそんな様子が感じられたからだと思う。

 好きな物をおおっぴらに公言するのはいいが、「いかに自分がそれを好きか」に重点を置いてそれを語る人は鬱陶しい。というのはわかっているのに、わかっているのにやってしまうし。せめてどこが好きでどう良いのかをまっとうに言えるようになれば少しは世に出せるものになるんじゃないかと思ってブログを選んだわけだった。

 次いつ書くかはわからないけど(もしかしたらこの5時間30分後だってあり得る)次は好きな音楽か漫画かの話だろうと思っている。

 僕が最近描いた絵です。さようなら。

f:id:necomachiradio:20150406052313j:plain